加齢臭の原因・対策・予防ノウハウ



お風呂で加齢臭対策をしよう

 

 

加齢臭の対策として、加齢臭を気にしている人の場合、入浴で身体を清潔にしている人が多いと思いますが、シャワーだけを浴びて湯船に浸かっていないと言う人も多いのではないかと思います。加齢臭を予防する為には出来ればシャワーだけで身体を洗うのではなく、湯船に浸かって対策をして行くと言う事ももちろん必要なのです。

 

 

今の人達は身体を動かす機会と言うのが減っているのが現状ですし、更に暑い日でも冷暖房完備の環境にいる事が当たり前となっているので、汗をかくと言う事があまり無くなって来ていると思います。ですから今の人の汗腺と言うのは昔の人よりは機能低下しているのではないかと思うのです。

 

 

ですから、入浴時にシャワーだけにしていて湯船には入らないと言う人の場合、やはり汗をかくと言う事にまでならないのでやっぱり汗腺の機能が低下してしまうと言う事になります。ですから汗腺の機能をアップさせる+身体の清潔の為にも湯船にゆっくり入っていくと言う事が大切になってきます。

 

 

では何故汗をかくと言う事が加齢臭対策に関係するのかと言うと、汗をあまりかかないと汗腺に老廃物や角質などが溜まって来てしまい、それが臭いの元になるというのです。老廃物が溜まった汗腺から汗が出て来ると、臭いが混じってしまって嫌な臭いとなってしまいます。ですから定期的に汗をかいて老廃物を溜めない様にする必要があると思います。その為には、お風呂に入って毛穴を開く様にして老廃物を取り除きやすくする必要があります。