加齢臭の原因・対策・予防ノウハウ



加齢臭の予備軍にならない為に!

 

 

加齢臭と言うのは、字の通りの意味で加齢によって発生する臭いの事です。通常は40歳を過ぎた辺りから出始める臭いなのですが、今では若い人でも加齢臭が発生する可能性があると言うのです。

 

 

加齢臭は40歳を過ぎている人の中で大体80%位の割合で発生する可能性があると言われていて、特に男性の8割の人がこの加齢臭には悩まされていると言う現状があります。通常40歳を過ぎてから加齢臭が発生すると言う様に言われていますが、早い人では20代の後半辺りから発生する人もいるらしく、「オヤジ臭」と言って馬鹿に出来ない臭いとなっています。

 

 

では、加齢臭の予備軍にならない為にもどう言った生活をして行けばいいのか考えてみたいと思います。加齢臭になりやすい生活と言う物があります。例えばタバコを一日にいっぱい吸っている人、お酒を毎日たくさんの量飲んでいる人、食生活が肉中心の人、食生活のバランスが整っていない人、運動不足の人、仕事や私生活でのストレスが多いに溜まっている人等が挙げられます。こう言った事を続けていると加齢臭が発生してしまう可能性があると言う様に言われています。

 

 

つまり若いうちの生活態度が加齢臭予備軍を作っていっているのです。若いうちから生活態度を改めていく事が大切なのではないかと思います。そうする事で、40歳を過ぎても加齢臭で悩む8割の中に入らない様になるかもしれませんよ。年齢のせいだからと諦めないで、ちょっとした事を続けるだけでだいぶ変わると言う事も覚えておきましょう。