加齢臭の原因・対策・予防ノウハウ



加齢臭と香水

 

 

加齢臭対策として加齢臭の臭いを消す為に香水を使う人もいると思います。しかしこの香水を付けると言う事も注意が必要で、香水を付けて加齢臭を誤魔化す場合には、香水を付けているのか付けていないのか分からない位の量を付ける様にするのが良いと思います。例えば隣にいる人に香水の臭いを感じさせてしまうようであれば付け過ぎと思ってもらって良いと思います。自分は付けているだけですから良いですけど、隣にいる人にとってはその香水の臭いその物が辛い場合もありますから、注意しましょう。

 

 

加齢臭対策や体臭対策として香水を使用する人は、結構付け過ぎてしまう場合が多いと思うのです。ですから出来れば体臭と香水の匂いが混ざらない様に付けない方が良い様に思えます。

 

 

それでも、加齢臭が気になると言うから香水を付けたいと考えているのだったら、適切な方法で香水を付ける様にすれば問題無く出来ると思います。その方法とはどんな物かと言いますと、最初に消臭スプレー等を使用して体臭を一度消すようにします。その後に香水を付けるのですが付け方も直接香水を肌に付けるのではなく、シュッと一吹き香水を撒いてその下を自分がくぐって付けるとかして身体全体に薄く香水が付くような感じにすると良いと思います。

 

 

もう一つ注意がありますが、よく手首や首などに香水を付けると思いますがそうした場合、着ている洋服にも臭いが付いてしまう可能性があります。そのままにしておいてしまうと香水+体臭+加齢臭と言った臭いが洋服に付いてしまってそのままになってしまいます。出来れば香水を付けたらその洋服はクリーニングや洗濯などして臭いを一度消す様にした方がいいと思います。